ベトナムの首都ハノイではコンビニにたどり着けない

女性に人気のベトナム。このベトナムの首都ハノイではコンビニが圧倒的に少ないです。

海外ですし、コンビニくらい良いでしょ?と思われるかもしれませんが、コンビニは大事です。理由は、ベトナムは東南アジアに位置する国なので、とにかく暑いです。この暑い国で、喉が渇いた場合に水を購入するコンビニがなかなかないと言うのは、大変なことです。

ベトナムの人は、昔からの商店で購入しますが、環境客はこの商店で売買するのが難しいです。それは、値段が書いていないからです。実際、「ウォータープリーズ」といって水を出してもらいますが、ここからいくらかがわかりません。しょうがないのでお金を出して選んでもらうことになるのですが、お店によって値段が違うのです。

日本円にすれば、5円10円の違いなので、気にする必要はないのかもしれませんが、いい気分ではないですね。ホテルによっては水を売ってくれるところもありますので、確認してみると良いです。

私の時は、1年で一番暑いときに行ったのですが、水どころか氷が欲しくなってホテルの人にどこに売っているか聞いたのですが、汚いので買わないほうが良いといわれました。

結局ホテルの部屋に用意されていたウェルカムドリンクの水をホテルで凍らせてもらいました。このときは大変助かりました。日本での常識が通用しないのが海外なので、下調べは重要かと思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ