さよならザッケローニ監督

4年に1回しかやらないので、ブラジル開催のFIFAワールドカップをとても楽しみにしていたのですが、
大変残念なことに日本代表は1勝すらできず、呆気なくグループリーグ敗退となりました。
4年間楽しみに間って、その結果が3試合で終了です。
しかも最下位という成績で、どの試合も満足のできる内容ではありませんでした。

前回は決勝トーナメントまで上がれたので、グループリーグで消えるというのは本当にガッカリです。
でもこれが現実です。この結果を受け止めるしかありません。
そんな日本代表を指導し引っ張ってきたザッケローニ監督が、今大会を持って辞任することになりました。
ワールドカップで良い結果を残すことができなかったので、辞任というのは自然な流れなのかもしれませんが、辞めるとなると寂しいに尽きます。

私は歴代の監督の中でも、ザッケローニ監督が1番親しみを感じて好きでした。
イタリア人といったら激しく情熱的なイメージがあるのですが、ザック監督は日本人に近い穏やかな人柄だったのでとても親近感を湧きました。
就任1年目にして大きな震災も経験し、日本から逃げ出すことなくそのまま監督は続投し、募金活動に参加してくれたこと決して忘れません。
ワールドカップは残念な結果で終わりましたが、アジアカップでは優勝したし、その他もろもろの大会でも良い成績を残して楽しませてくれました。
今は有難うという気持ちでいっぱいです。
そして今日ザック監督が日本を去りました。
もう監督として見ることはできなくても、また違う形で日本に戻ってきて(遊びにきて)欲しいなと説に思いました。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ